記事検索
 

2014年11月30日

「エルクラシコ アイセラム」使っています

今回使っているのは、目元美容液「エルクラシコ アイセラム」です。

IMG_0581.JPG

一見すると普通のチューブ容器の美容液に見えますが、実はこの美容液・・ちょっと違うのです。

IMG_0582.JPGIMG_0583.JPG

取り出し口?がちょっと変わっています。

IMG_0584.JPG

フラットな円盤のような取出し口は、このように皮膚にフィットします。
見た目が変わっているデザインではなく、実はすごく実用的なマッサージヘッドになっているのです。

IMG_0585.JPG

美容液自体は、このようにチューブを押すと出てきます。

このクリーム状の美容液には、

活性化&リペア
 プラセンタ、ツバメの巣、ピクノジェノール、プロテオグリカン
素肌成分
 マイクロ・エラスチン、ダブルセラミド
素肌ビタミン
 ビタミンC・A・K・E
潤いアップ
7種の天然保湿成分

(美肌成分として19種類の天然由来の成分が配合されています)

が配合されています。

人の皮脂バランスに近いエミューオイル配合の効果で、肌の奥までぐっと浸透してくれるので成分の効果をしっかりいかしてくれるのです。

各成分については、公式サイトに詳細が載っているのでそちらで確認してみてください。


目元の印象というのはすごく大事なものです。
メイクでも、目元や口元にポイントを置いている人も多いと思いますが、それだけ見た目の印象を左右しがちな箇所の1つですよね。

そんな大事な目元ですが、目元の皮膚はとても薄く、卵の薄皮程度しかありません。
人は1日に約2万回のまばたきをすると言われていますが、そなにすごい運動量をこなしている目元をしっかりケアしているでしょうか。

わたしはよく顔用の美容液をそのまま目元にも使うことがあるのですが、美容液の中には「目元には使用しないでください」と書かれているものもあります。
デリケートな目元には、目元専用の美容液が必要になるというわけです。

目元の悩みは本当にいろいろあります。

クマ、しわ、くすみ、シミ、たるみ・・この「エルクラシコ アイセラム」はそのすべての悩みに対応してくれるというもの。

使い方は、チューブを押して適量を出し、指でかるく目元に肌になじませます。
キャップはまわしてあけるタイプではなく、引き抜くタイプ。
最初くるくる回してあけようとしていました。
締めるときも押し込んでぱちんと締めます。

そのあとマッサージヘッドを当てて、優しく撫でるようにマッサージするだけです。

ヘッド部分がちょっぴりひんやりして気持ちいいです。
目元はデリケートなので、強い力でこすってはNGなのですが、このマッサージヘッドを使うとソフトにマッサージできるからすごくいいです。

連続して使っているとヒンヤリ感が薄れてきます。
またマッサージヘッド部分は金属なので、金属アレルギーがある方は注意してください。
(使用前にテストするか、お医者さんに相談)

IMG_0586.JPG
こちらはわかりやすいように手の甲になじませた画像です。
滑らかなテクスチャで、のびもいいです。
美容液自体は出したばかりのときは白っぽいですが、なじませると画像のように透明になります。

特に気になる香りもしないし、刺激もなく優しい使い心地です。
わたしは夜メインで使っていますが、朝のメイク時や昼間乾燥が気になるときに使うという使い方をしている人もいるようです。
朝と夜のケアで24時間ケアができるようですが、途中塗る人は気持ちいいからかな?

肌トラブルへの効果はまだ実感できていませんが、目元の乾燥対策には確かにいいように思います。
何よりマッサージのしやすさと(冷たくて)気持ちよさはクセになりそうです。
小さめなので携帯するのも便利なのもいいですね。

公式サイトには保水力テストの様子が載っていますが、それを見る限り潤いに関してもかなり期待できるようで、これから乾燥しやすい時期に手放せなくなりそうです。
最近、目の下のクマが気になってきているので、シワとクマの改善に使い続けてみます。

こちらの「エルクラシコ アイセラム」のおねだんは、税込みで3780円です。
公式サイトから購入でき、2個以上の購入で送料無料となります。
定期購入ならもっとおやすくなり、また特典もつく模様。
気になる方はチェックしてみてください。



posted by 霞草子 at 00:28| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ブロコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

「スリーステッププラセンタゼリー」使用してみました

今回モニターしてみたのはこちら。

IMG_0428.JPG

「スリーステッププラセンタゼリー」です。

スリーステップ・・というとコラーゲンのほうが浮かぶ人が多いと思いますが、今回は「プラセンタ」です。

プラセンタというのは”胎盤”のことです。
一時期すごくブームになってサプリはもちろん、化粧品でもよく聞いた名前だと思います。

コラーゲンとどう違うの?という疑問もありますが、プラセンタは栄養素のことではなく、胎盤そのものの名称のことなのです。
もちろん、胎盤をそのまま使えるわけではないので、胎盤のエキスを抽出したものをプラセンタエキスといって、それが使われているんですね。

プラセンタの効果自体は正直わたしもよくわからないところがあるので気になるひとは各自でチェックしてみてください。
1つの栄養素・・ではなく、胎盤のことなのでその中に含まれる栄養素については大部分がたんぱく質・・であり、さらにさまざまな成分が含まれているとか、成長因子があるとか、難しい話があるようです。

「スリーステッププラセンタゼリー」で使われているプラセンタは厳選された国産豚のものです。
安全面に関しても、国内のGMP認証工場で生産されています。
(GMP認証工場とは設備管理や製造管理、衛星管理において細部にわたって規則が設けられ、認証期間によって監査が行われている工場のことです)

濃い純末を使用しているので、大切な成分が凝縮され少量でも効果を発揮するということ。
注意として動物由来の成分である以上人によってはあうあわないがあるかもしれないですよね。

配合されているのはプラセンタエキス純末100mg。
ビタミンC100mg。
ビタミンB群などです。

IMG_0429.JPG

このように1回分が個別包装されていて、1箱30本いり。
1本が10gとなっています。

IMG_0430.JPG

中はこのようにゼリー状になっています。
封も手で切れるし、ゼリーを押し上げて食べれるようになっているので、手を汚すことなく手軽に食べることが出来ます。
携帯にも便利なので外出先でもOKです。

1日1本・・わたしは夜とるようにしています。

1本7.9Kcalなのでダイエット中のひとでも安心して摂取できると思います。

味はブドウ味。
プラセンタは結構クセがあるのですが、「スリーステッププラセンタゼリー」はそのクセをほとんど感じることはありません。
コーラゲンゼリーのほうを食べたことがある人は、あちらよりかは「ん?」と感じるかもしれないなという程度のかすかなクセはあるかもしれません。

ちなみにわたしはぜんぜん気にならないレベルだったのですが、一緒に食べている娘が、コラーゲンのほうが好きだなといっていたのです。
サプリメントとしてはぜんぜん気にならないレベルで、おやつとしても美味しいと思うのですが、どうしても気になるかなという人は冷やして食べるといいかもしれないです。

気になる効果のほうは、残念ながらハッキリわかる効果をまだ実感はできてない状態です。
サプリメントなのであまり即効性がある・・というよりはとっていると調子がいい・・という感じで実感していくせいかなとも思うのですが。

クチコミサイトを見ると効果を実感できているひとも多いので、最後までしっかり摂取してみようと思います。

わたし的には今現在、美味しくおやつ感覚で食べれるので、小腹がすいたときに食べるようにしてダイエットのフォローみたいな感覚で摂取させてもらっています。
ぶどうの味がしっかりしているので少量なのですが、結構満足感が得られてお勧めです。

気になる方は、こちらをチェックしてみてください。
posted by 霞草子 at 22:22| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

「ビューティバブルスキンピールパックはちみつ」使ってみました

今回使ってみたのはこちら。

IMG_0336.JPG

「ビューティバブルスキンピールパックはちみつ」です。

こちらは炭酸パックとなっています。

他にも、BeautyBubble スキンピールパックというのがあって、こちらのはちみつバージョンとなります。


まず、結論からいうと


こちらのパックを使用後は、本当に肌がしっとりなります。

もう、もちもちしっとり・・
他にも引き締め効果もあるようですが、リフトアップというよりも肌のハリはしっかり感じることができました。

使用後の肌状態は本当に好感触なのです・・・が・・わたし的には不満点もいくつかあったアイテムとなりました。
工夫次第で解決問題なのですが、画像も多いので詳しくは折りたたみに続きます♪

続きを読む
posted by 霞草子 at 21:11| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ブロコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする