記事検索
 

2014年07月19日

「ブルーベリー200」飲んでいます

最近は仕事でもパソコンを使うことが多く、目を酷使している方は多いと思います。

わたしは仕事はしてないのですが、そのわたしでもパソコンをつかったり、TVを見たり・・スマホをいじったり、本を読んだり・・と本当に目を酷使しまくっている状態です。
疲れていると目がシパシパしたり、涙がでたり・・最近では目が疲れてないときがないほどの状態で。

だけどいまさらパソコンをやめることもできずに、できる範囲で目を休めたり、目にいいというアイテムは家電を使ったりしているのです。

目にいい・・というとブルーベリーが浮かぶのではないでしょうか。
今回わたしが使っているのはこちらです。

IMG_0230.JPG

「ブルーベリー200」
(詳細はこちらに)

北欧産のビルベリーエキスが1粒に200mg配合されています。

ビルベリーというから、ブルーベリーと違うのかな?と思ったら、どうやら説明を読むとブルーベリーは種類が多く、栽培種・野生種あわせて百数種類あるんだそうです。
北欧産ビルベリーはその中で有効成分のアントシアニンが一般栽培種と比べて5倍も含まれているという種類なんだそうです。

IMG_0231.JPG

こちらが裏面になりますが、ブルーベリー200は、アントシアニン以外にもルテイン、アスタキサンチン、ビタミンA,B1、B2,B6,B12は配合されていますが、それなのに1日の摂取量は1粒で、カロリーは3.77Kcalとダイエット中でもうれしい仕様となっています。
それぞれの成分の効果は上記のサイトに詳しく書かれているので、そちらを参照してくださいね。

IMG_0232.JPG

1粒はこんな感じです。
コロンとして、お薬などの錠剤に比べると大きめですが、つるりとした表面をしているのでそれほどの見にくいとは感じないと思います。
この1粒をかまずに水などで飲みます。

お薬なのでいつ飲んでもOKなのですが、アントシアニンは摂ってから約2〜4時間で栄養が届くといわれているので、それにあわせて飲むのが効果的となっています。
わたしは美容系のサプリメントは夜飲むことが多いのですが、このサプリメントに関しては朝食後・・というのがよさそうですね。

気になるのは安全面ですが、ブリーベリー200は、自生している野生のものを1粒1粒手作業でつみとり、現地の食品メーカーで加工・抽出したエキスを使用しているため安心できます。
野生のものだから農薬は化学肥料も使用していません。

健康のために飲むものなんだから、安心安全なものを摂取したいですよね。

さて肝心の効果のほうですが、飲むとぜんぜん違う!・・というような劇的な変化は感じません。
だけど、サプリメントの多くは、飲んでいると違うというよりも、飲まないと違うという感じの穏やかな効果を感じることのほうが多いですよね。

わたしの場合も、飲み始めて数週間ですが、気がつくと夕方だけどあまり目がシパシパしないな・・とか、今日はちょっと疲れ目で涙が出るな・・と思ったら飲み忘れていた・・といった感じで実感しています。

飲んでいる方の感想でも、疲れにくくなってきたと感じている人が多いので、やはり目を使う人には疲れ目の変化で効果を感じやすいようです。

実際、アントシアニンはポリフェノールの1種で、ポリフェノールの効果は一時期すごくブームになったからご存知の方も多いと思いますが、強力な抗酸化作用があります。
目の機能を向上させるほかに、血圧上昇を抑制する機能があったり、活性酸素の抑制、肝機能改善や毛細血管保護、血小板凝固の抑制、動脈硬化などの生活習慣病予防などの効果など現代のわたしたちには本当に大事な効果をもたらしてくれる成分なのです。

食べ物やサプリメントからとるしかないので、即効性を考えるより、継続的に摂取していくことを考えたいサプリメントです。

わたしは目のためにこのサプリを摂取しているのですが、メタボや花粉症への効果も言われているようなんですよね。
できればそちらの効果も出てくれるとうれしいなと思いながら、毎朝飲んでいます。

アントシアニンを含む食品は多いですが(ブルーベリーのほか、カシスや黒豆にもある)、長時間の加熱や長期間の保存に弱いので効率よくとるためにもこういったサプリメントを上手に利用していきたいですね。


posted by 霞草子 at 04:20| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ブロコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック