記事検索
 

2009年08月19日

海洋深層水「天海の水」

お水はちゃんと飲んでいますか?


「水分」じゃなく、 「水」ね。d(^-^)ネ!

ジュースやお茶じゃなく、お水・・人の体はその体重の大体55〜60%の水でできているといわれているの。

ただ座っているだけでも、人の体の水分って失われるのね。
だから当然、水の補給って大事なの。

一番わかりやすいのは、水分が不足していると血液がドロドロになるっていうよね><
実際、腸で吸収された水は血液に混じって運ばれるわけだから、当然その量が減ればどろっとしてくれるのは簡単に想像できるよね〜・・


ちなみに、わたしはかなり摂取量が足りていません><

だからなるべく水を飲むようには気をつけているんだけどね。

そのとる水も、少しでもいいもの・・がいいに決まっている。

昔は、日本の水はおいしいっていわれていたけど、今は水道の水ってあまりおいしくないよね><
うちじゃ、子供もそのままじゃ飲まないもの。

浄水器もつけているし、わたしは別に飲料用の海洋深層水も飲んでいるの。(⌒∇⌒)
わたしの飲んでいるのとは違うけど、

海洋深層水

こんな海洋深層水をみつけちゃいました。v(=∩_∩=) ブイブイ!!

ミネラルウォーターといえば、山からの湧き水・・っていうイメージがない?

海洋深層水というのは、その名のとおり”海の水”なのです。

ここで、不安が2つ出てくると思うの。

A.海の水って塩辛くないの?


ぜんぜん、塩辛くありません。うんうん!(^-^)
「天海の水」は海水の持つミネラル成分はそのままにづくりで培った独自の技術で塩分だけを99%以上カットすることに成功しているの。

気になる塩分も「天海の水」硬度1000を1L飲んだ場合、含まれる塩分は0.19gで、同量の牛乳の半分以下なんだよ。


B.海の汚染問題は?


確かに、汚染問題って社会問題にもなっているよね。
ただ、その汚染は海の表面部分で水深200メートル以上の「深層水」と呼ばれる海域はクリーンな状態を保っているの。
深層水と表層水は交じり合うことはほとんどないのね。


その上で、深層水って陸水由来の汚染が少なく雑菌がほとんどいない清浄性、低温安定性(年間通じて約9.5℃)、植物性プランクトンの生長に必要な栄養分(ケイ酸、リン、窒素)を豊富に含む富栄養性などのほかにも水圧30気圧のもとで長い歳月をかけて熟成されてまろやかになっているってういうれしい特性があるんだよ。o(*^▽^*)o~♪

水分だけじゃなく、人はミネラルも必要なんだけどこの「天海の水」はもともと海にある約80種類の天然ミネラルが含まれている上に、ミネラルバランスが体液にすごく近いの。

飲むだけじゃなく、お料理にも使えるものだし健康のためにもお水にはこだわっていきたいね。

ちなみに、「天海の水」には軟水・硬度500、硬度1200の3種類があるから自分の飲みやすい水を選ぶことができるよ。

基本的に硬水は、軟水よりのみにくいと感じる人がおおいと思うけど、含まれるミネラルの量が豊富で少ない量で必要量取れるのね。^^

3種類を飲み比べられるお試しセットなんかを利用して、自分にあった飲み方を探してみてもいいね。


お小遣い稼ぎ
ブロコミモニターに参加しています
posted by 霞草子 at 03:56| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談(健康/美容系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125999144
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック